商品先物取引(読み)ショウヒンサキモノトリヒキ

  • commodity futures transaction (contract)
  • しょうひんさきものとりひき〔シヤウヒン〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農産物や工業品を将来のある決まった期日に売買すると約束し、現時点でその価格を決める取引。先物取引の一種である。商品先物取引には公正で透明性のある価格を形成する機能があるほか、農業生産者や工業品の需要家にとっては、将来の価格変動リスクを回避(ヘッジ)できる機能がある。投資家にとっては資産運用手段の一つである。商品先物取引は、取引に入る前に「証拠金」という担保を差し入れることで証拠金額の何倍にも上る取引をすることが可能である。このため予想に反して商品価格が変動した場合、証拠金を上回る損失が出るおそれがあり、商品先物取引は元本の保証されないハイリスク・ハイリターン取引といえる。日本では2011年(平成23)に商品先物取引法が施行され、取引を望まない消費者に電話や訪問で商品先物取引を勧誘することは禁じられている。

 商品先物取引では売買期限(限月)が決まっており、期限までに売買の約束を履行しなくてはいけない。限月以前であれば、いつでも買っていたものを売ったり、売っていたものを買い戻したりする「反対売買」が可能である。反対売買時点で、取引開始時点との商品の差額を清算して取引を終えることができ、これを「差金決済」という。

 商品先物取引を行う取引所を商品先物市場とよぶ。実質的に世界最初の商品先物取引は1730年(享保15)に大坂の堂島米会所(どうじまこめかいしょ)(堂島米市場)で始まった米の先物取引である。アメリカでは1840年代に、中西部穀倉地帯の中心に位置するシカゴで商品先物取引が始まり、その後、世界に広がった。日本では1990年代に16の商品取引所があったが、2014年10月時点で東京商品取引所と大阪堂島商品取引所の2か所に集約された。監督官庁は工業品は経済産業省、農・海産物は農林水産省に分かれている。2014年10月時点で、日本で売買されているのは農・海産物では大豆、小豆(あずき)、トウモロコシ、粗糖、冷凍エビなど、工業品では金、白金、パラジウム、ガソリン、灯油、軽油、原油、ゴムなどである。このほか国際穀物等指数の取引があるほか、米が試験上場されている。世界の商品先物取引の売買高は、商品先物に金融派生商品(デリバティブ)や現物を組み合わせた総合取引所化が進み、電子取引(オンライン化)の普及もあって急増しているが、日本国内の売買高は2003年をピークに減少傾向にある。

[矢野 武 2015年2月17日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

商品先物取引の関連情報