喜助(読み)キスケ

デジタル大辞泉の解説

きすけ【喜助】

江戸時代、吉原の遊郭で雑用をした若い者の通称。
「これ―、どうぞ裏口へ回してよいやうにしてくれろ」〈洒・客者評判記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜助 きすけ

森鴎外の小説「高瀬舟」の主人公。
弟殺しの罪にとわれ遠島になり,同心羽田庄兵衛に護送され京都から高瀬川をくだる舟にのる。島流しがきまった際もらった200文(もん)の金をよろこび,弟殺しは自殺をはかった弟を苦しみからすくうためだったと庄兵衛にかたる。大正5年「中央公論」に発表。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きすけ【喜助】

江戸の遊里で雑用をする男衆の通称。 「お手前が-か時にあの女郎/柳多留 81

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きすけ【喜助】

〘名〙 吉原の妓楼や茶屋で雑用をした若い男の通称。
洒落本・客者評判記(1780)素人狂言に実の入た独息子のちょんちょん幕「コレ喜介どふぞうら口へ廻して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喜助の関連情報