コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜谷市郎右衛門 きたに いちろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜谷市郎右衛門 きたに-いちろうえもん

1847-1907 明治時代の実業家。
弘化(こうか)4年生まれ。婦人薬の老舗(しにせ)実母散本舗(じつぼさんほんぽ)の9代店主。東京の中橋(なかばし)で家業を盛んにし,売薬商組合初代頭取となる。東京馬車鉄道,富士製紙の設立に参与,帝国ホテル,東京建物,第三銀行の重役もつとめた。明治40年5月5日死去。61歳。江戸出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

喜谷市郎右衛門の関連キーワードベリンスキーリベリア[各個指定]工芸技術部門おもなお雇い外国人近・現代アフリカ史(年表)E. ランケスター複成片麻岩内褶曲カラジアーレウェブスター(Ben Webster)久原躬弦

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android