嘉吉の徳政(読み)かきつのとくせい

世界大百科事典 第2版の解説

かきつのとくせい【嘉吉の徳政】

1441年(嘉吉1)秋,土一揆契機として発布された室町幕府徳政令。この年6月,将軍足利義教が赤松満祐に暗殺されるという事件(嘉吉の乱)が起こり,世情騒然としていたところ,9月初めより京都近郊の農民が一斉に蜂起した。一揆は諸社寺に立てこもり徳政を求めたため,幕府もついに屈服し,9月12日徳政令が発布された。しかしその後も徳政令の解釈をめぐって紛議が絶えなかったため,閏9月10日になって適用範囲を明示した新法が公布された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android