コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉言親王

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嘉言親王 よしことしんのう

1821-1868 江戸時代後期,邦家(くにいえ)親王の王子。
文政4年1月26日生まれ。天保(てんぽう)2年聖護院の盈仁(えいにん)入道親王弟子,光格天皇養子となる。翌年親王となり,得度,のち聖護院門跡。慶応4年還俗(げんぞく)して,内国事務総督,海軍総督などをつとめた。慶応4年8月1日死去。48歳。幼称は巍宮。法名は雄仁。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

嘉言親王の関連キーワード雄仁入道親王邦家

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android