コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘯岳鼎虎 しょうがく ていこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嘯岳鼎虎 しょうがく-ていこ

?-1599 戦国-織豊時代の僧。
臨済(りんざい)宗。湖心碩鼎(せきてい)の法をつぐ。元亀(げんき)3年毛利元就(もとなり)の菩提(ぼだい)寺として,毛利輝元がたてた安芸(あき)(広島県)洞春(とうしゅん)寺(のち周防(すおう)山口に移転)の開山となる。朝鮮出兵の際,書記をつとめた。慶長4年10月5日死去。別号に万年。語録に「嘯岳鼎虎禅師語録」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

嘯岳鼎虎の関連キーワードマーストンガリレイ(年譜)釜石市から東海市への集団移転九戸城難民審査参与員制度クロムウェル沈惟敬住吉如慶智旭道入

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone