コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘯岳鼎虎 しょうがく ていこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嘯岳鼎虎 しょうがく-ていこ

?-1599 戦国-織豊時代の僧。
臨済(りんざい)宗。湖心碩鼎(せきてい)の法をつぐ。元亀(げんき)3年毛利元就(もとなり)の菩提(ぼだい)寺として,毛利輝元がたてた安芸(あき)(広島県)洞春(とうしゅん)寺(のち周防(すおう)山口に移転)の開山となる。朝鮮出兵の際,書記をつとめた。慶長4年10月5日死去。別号に万年。語録に「嘯岳鼎虎禅師語録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

嘯岳鼎虎の関連キーワード織豊時代洞春寺臨済

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android