コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四分儀 しぶんぎ

5件 の用語解説(四分儀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四分儀
しぶんぎ

「象限儀 (しょうげんぎ)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

四分儀【しぶんぎ】

象限儀とも。天体の高度を観測するのに用いられた天文観測機器の一つ。円周の4分の1の目盛環に0°から90°まで目盛ったもので,これに円の中心を通る視準尺が取り付けてある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しぶんぎ【四分儀 quadrant】

象限儀ともいう。古くから天体の高度観測に用いられた天文観測器である。円周の1/4の目盛環に0゜~90゜を目盛り,これに円の中心を通る可動の視準尺を取り付けたものである。観測の精度を高めるためにいきおい目盛環は大型になり,史上有名なT.ブラーエの四分儀は円の半径3mでこれを子午面内に固定し,南中時の天体の高度を測定して天体の赤緯を求めた。この目盛環の角度1′の目盛の間隔は0.9mmとなるが,ブラーエは目盛の読取りに副尺をくふうして10″まで測定したと伝えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しぶんぎ【四分儀】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の四分儀の言及

【大航海時代】より

…また船も帆装や船体の構造に北欧型と地中海型との総合が生じ,カラック,カラベルが造られた。観測器具としては羅針盤のほかに四分儀が利用された。
[第2期 1480‐1529]
 ポルトガルでは1480年にジョアン2世が即位し,一時中断されていたアフリカ西海岸での活動が再開された。…

※「四分儀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

四分儀の関連情報