コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四史運動 ししうんどうSì shǐ yùn dòng

世界大百科事典 第2版の解説

ししうんどう【四史運動 Sì shǐ yùn dòng】

中国,1962年に始められた農村と都市における社会主義運動の一環としてすすめられた,〈家の歴史〉〈村の歴史〉〈人民公社の歴史〉〈工場の歴史〉など四つの歴史を書く運動。大学・専門学校の教員や学生,機関のスタッフなどを大量に動員して農村や工場に下ろし,彼らが当地の年輩のものにむかって調査をすすめる方法で,多くの四史が書かれた。その目的は,階級闘争の歴史を掘りおこし次の世代を教育する,というものであったが,そこには,新中国成立後の歴史,とりわけ毛沢東の指導下にすすめられ失敗に終わった58年の大躍進政策をどう評価するかをめぐって尖鋭な対立がからんでおり,四史運動は結局中途はんぱに終わり,問題は文化大革命へと持ちこされていった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

四史運動の関連キーワード新藤兼人森一生川島雄三コーマントリュフォーグレツキ埼玉西武ライオンズ野村芳太郎バディム久松静児

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android