コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四国三郎 シコクサブロウ

4件 の用語解説(四国三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しこく‐さぶろう〔‐サブラウ〕【四国三郎】

四国の吉野川の異称。坂東(ばんどう)太郎(利根川)・筑紫(つくし)二郎(筑後川)に対していう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

しこくさぶろう【四国三郎】

徳島の日本酒。酒名は、吉野川の別称「四国三郎」にちなみ命名。純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒などがある。仕込み水は吉野川の伏流水。蔵元の「日本清酒」は明治11年(1878)創業。現在は廃業。蔵は板野郡上板町七條字元原にあった。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しこくさぶろう【四国三郎】

吉野川の異名。四国二郎とも。 → 坂東太郎筑紫二郎

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔高知県(徳島県)〕四国三郎(しこくさぶろう)


吉野川(よしのがわ)〔高知・徳島県〕

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の四国三郎の言及

【吉野川】より

…四国の中央部を東流して紀伊水道に注ぐ川。幹川流路延長194kmは四万十(しまんと)川に次いで四国2位,全流域面積3750km2は四国1位で,〈四国三郎〉の異名をもつ。高知県本川村,石鎚山系の瓶ヶ森(かめがもり)(1897m)付近に源を発してはじめは東流する。…

※「四国三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

四国三郎の関連キーワード芳水徳島県吉野川市鴨島町西麻植磐城天王山可楽智黒我流四国鶴筑紫の誉三芳菊山桂蘭玉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

四国三郎の関連情報