四天下(読み)シテンゲ

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐てんげ【四天下】

〘名〙 仏語。須彌山(しゅみせん)を囲む八重の海・山の、最も外側の海の四方にあるという四つの大陸。東方の弗婆提(ふつばだい・ふばだい)、西方の瞿陀尼(くだに)または倶耶尼(くやに)、南方の閻浮提(えんぶだい)、北方の鬱単越(うったんおつ)または倶留(くる)(瞿盧とも)の総称。四天。
※観智院本三宝絵(984)下「四手なるは金輪王となりて四天下に王とあらむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android