四度の官幣(読み)シドノカンペイ

大辞林 第三版の解説

しどのかんぺい【四度の官幣】

毎年、6月・12月の二度の月次祭つきなみのまつり、祈年祭としごいのまつり・新嘗祭にいなめのまつりに奉納された官幣。よどのへい。四箇度幣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しど【四度】 の 官幣(かんぺい)

陰暦六月と一二月に行なわれた両度の月次祭(つきなみまつり)、二月の祈年祭(としごいのまつり)、一一月の新嘗祭(にいなめのまつり)の四度の祭に、神祇官から奉献する幣帛(へいはく)。よどの官幣。〔年中行事秘抄(12C末)〕

よど【四度】 の 官幣(かんぺい)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android