コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年中行事秘抄 ねんちゅうぎょうじひしょう

2件 の用語解説(年中行事秘抄の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ねんちゅうぎょうじひしょう【年中行事秘抄】

朝廷の年中行事儀式について記した公事の書。行事の意義,起源をはじめ,先例故実を古書より引用,抄録しており,とくに,そのなかに中国の書が多くみられるのが特徴である。引用文献のなかに建久(1190‐99)の年号があり,また《群書類従》本の奥書に永仁(1293‐99)ころ書写したと書かれていて,おおむね永仁以前に作られたと思われる。本書の特徴として,みずから儀式の次第を説明することはあまりせず,引用書の先例によって行事の実態を明らかにしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

年中行事秘抄
ねんじゅうぎょうじひしょう

儀式書。公事書(くじしょ)。作者未詳。引載されている記事の年次の上限から、鎌倉初期の成立とみられるが確かではない。内容は平安時代の885年(仁和1)、藤原基経が献上した『年中行事御障子文』の注解の形式をとり、各種の文献を引載し、自説を示さないのが特徴。引載されている書目のなかには、儀式書や公事書、古記録など、現在、散逸しているものも多くみられ、逸書の研究上も重要な資料といえる。刊本は『群書類従』公事部所載のものがある。
 現在流布している主流は、筆写人物は未詳の鎌倉時代、永仁~嘉暦年間(1293~1329)に書写された奥書を有する系統である。一方、前田育徳会尊経閣文庫所蔵の「師世本」とよばれるものもあり、1239年(延応1) 中原師世(なかはらのもろよ)書写を伝える奥書をもつ。後者は細目等に異同があり、本書の成立を考えるうえでも注意すべき系統である。[佐多芳彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

年中行事秘抄の関連情報