四庫全書総目提要(読み)しこぜんしょそうもくていよう(英語表記)Si-ku quan-shu zong-mu ti-yao; Ssǔ-k`u ch`üan-shu tsung-mu t`i-yao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四庫全書総目提要
しこぜんしょそうもくていよう
Si-ku quan-shu zong-mu ti-yao; Ssǔ-k`u ch`üan-shu tsung-mu t`i-yao

中国,清の乾隆帝時代に完成した四庫全書に収められた書の総目録と解題を合せて編集したもの。乾隆 47 (1782) 年刊。 200巻。乾隆帝の撰書。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しこぜんしょそうもくていよう〔シコゼンシヨソウモクテイエウ〕【四庫全書総目提要】

四庫全書所収の著録本と書名のみを記録した存目本の解題を集成した書。乾隆帝の勅により紀昀(きいん)らが撰。全200巻。1782年完成。四庫提要。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

四庫全書総目提要【しこぜんしょそうもくていよう】

中国の古典解説書。200巻。1772年清の紀【いん】(きいん)〔1724-1805〕らが乾隆帝の命により編集。《四庫全書所収の各書の巻頭に付けられた解題(提要)を合編したもの。経・史・子・集の4部を40類に分け,さらに子目を分けて時代順に配列した。中国目録学の集大成。《四庫提要》とも略。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しこぜんしょそうもくていよう【四庫全書総目提要】

「四庫全書」の解題。二〇〇巻。1782年成立。全書集録の書物それぞれの巻頭に付けられた解題を集めて修補し、さらに書名だけ記録された「存目」書の解題も合わせてある。四庫提要。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android