コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四方山 ヨモヤマ

デジタル大辞泉の解説

よも‐やま【四方山】

《「よもやも(四方八方)」の音変化か》世間。また、世間のさまざまなこと。「四方山の話をする」
四方にある山。周囲の山々。
「―の茂きを見れば悲しくて鹿鳴きぬべき秋の夕暮れ」〈和泉式部集・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よもやま【四方山】

〔「よもやも」の転という〕
いろいろな方面のこと。さまざま。
世間。 「 -の人上下病みののしるに/栄花 花山

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

四方山の関連キーワードマーケット・テスト境川浪右衛門万載狂歌集木の芽張るほしほし四方山話葭蘆仲住鶉衣世間

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四方山の関連情報