コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四明山 シメイザン

デジタル大辞泉の解説

しめい‐ざん【四明山】

中国浙江(せっこう)省の東部、寧波(ニンポー)の西方にある山。古くからの霊山で、名は日月星辰に光を通じる山の意。寺院が多い。宋初、知礼がここで天台の教えを広めた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しめいざん【四明山】

中国、浙江省寧波ニンポーにある山。宋代に知礼が出て、中国天台宗の本拠地となる。これに擬して日本の比叡山をもいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四明山
しめいざん / スーミンシャン

中国、浙江(せっこう/チョーチヤン)省寧波(ニンポー)西方にあって、天台山から北東方に連なる山一帯をいう。日月星辰(せいしん)に光を通ずる義から四明山とよばれる。寧波の古称明州(めいしゅう)も山名にちなむ。山中には雪竇(せっちょう)山資聖(ししょう)寺、天童(てんどう)山景徳(けいとく)寺、阿育王山(あいくおうさん)寺など有名な仏寺があるが、道教でもこの山は第九洞天と称して尊ぶ。10世紀末、阿育王山寺義寂(ぎじゃく)に天台を受けた知礼(ちれい)は明州延慶(えんけい)寺に住して山家(さんげ)派と称し、山外(さんがい)派の梵天慶昭(ぼんてんけいしょう)、孤山智円(こざんちえん)を論破して四明尊者といわれ、以後の中国天台宗教学は四明派で覆われるに至る。わが国の比叡(ひえい)山頂を四明ヶ岳(しめいがたけ)と称するのはこの山名にちなむ。[里道徳雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の四明山の言及

【余姚】より

…明・清には,王守仁(陽明),朱舜水,黄宗羲など浙東学派の指導者を輩出した。南の四明山は名勝の地として有名で,また市の東,余姚江沿いに長江(揚子江)下流域で最も古い新石器時代文化層を有する河姆渡(かぼと)遺跡がある。【秋山 元秀】。…

※「四明山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四明山の関連キーワード四明ヶ岳・四明ヶ嶽四明の教法石川丈山四明ヶ岳天台山天台宗比叡山戴良四明俊芿

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android