コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四神文 ししんもんsi-shen-wen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四神文
ししんもん
si-shen-wen

中国古代の四方の守護神である青竜 (東) ,白虎 (西) ,朱雀 (南) ,玄武 (北) の四神を図案化した文様。青竜は竜,白虎は虎,朱雀は鳳凰,玄武は亀とへびの合体の姿で表わされ,それぞれ東西南北の方位を司る神とされた。この思想は漢代以前からあり,東西南北の星宿 (星座) を動物に見立てたことが起源とされる。四神文が流行したのは漢代からで,前漢から後漢の四神鏡をはじめ画像石,墳墓の壁画などに広く使用され,漢,魏,晋代に盛行。輯安四神塚の壁画は著名。日本では,福岡県竹原古墳の壁画に四神に似た図様が認められ,群馬県前二子山古墳出土の須恵器装飾および高松塚古墳の壁画の装飾にも四神が用いられている。特に奈良薬師寺の金堂本尊『薬師如来像』台座の四神文が有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android