四竹節(読み)よつだけぶし

精選版 日本国語大辞典の解説

よつだけ‐ぶし【四竹節】

〘名〙
四つ竹に合わせて歌う小唄の節。江戸時代、承応(一六五二‐五五)頃、長崎の人一平次が上方でうたい始めた。よつだけ。
※洒落本・志羅川夜船(1789)西岸世界「しかし四つ竹ぶしがきかれねへでわるからう」
② 歌舞伎下座音楽の一つ。①を転用して貧民の場など世話物の幕明・出入りなどに用いる。よつだけ。
※歌舞伎・お染久松色読販(1813)序幕「四つ竹節に変り道具留る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android