四節(読み)シセツ

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐せつ【四節】

〘名〙
四つの時節。四季。
※経国集(827)一・小山賦〈石上宅嗣〉「四節逓謝兮万物栄枯、視昔異代兮知後同途
※神道集(1358頃)六「四節名花は一時に競開云云」 〔曹丕‐連珠〕
② 仏語。禅宗の寺院において行なう結夏解夏冬至・年朝(歳節ともいうか)の四種の行事をいう。
※新札往来(1367)下「四節之秉払者。歳節・結夏・解夏・冬至等也」
③ (「くら(鞍)の四節」の略) 馬術で、鞍の上の身の置き方の名称。後輪(しずわ)・前輪(まえわ)にかかり、または鞍つぼに乗ること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四節の関連情報