コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四門出遊 しもんしゅつゆう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四門出遊
しもんしゅつゆう

仏教伝説。釈尊がいまだ出家せず太子であったとき,郊外遊園に遊びに行くためにカピラ城の東門を出たところで老人に出会い,次に南門を出たときには病人に,さらに西門を出たときには死者葬列に会って,人生の無常の姿に深く動かされ,さらに北門を出たときに出家者 (沙門) の堂々たる姿に出会って,そこに自分の進むべき道を見出したとされる伝説。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

四門出遊の関連キーワード四門遊観

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android