四門遊観(読み)シモンユウカン

デジタル大辞泉の解説

しもん‐ゆうかん〔‐イウクワン〕【四門遊観】

釈迦(しゃか)が太子だったとき、王城東西南北の4門から出遊して四つの出来事を見て出家の決意をしたこと。東門を出てつえにすがる老人を見て、生あれば老あるを悟り、西門を出て病人に会い、生あれば病あるを知り、南門を出て死人に会い、生あれば死あるを知り、北門を出て高徳沙門(しゃもん)に会い、出家修行の志を立てたという。四門出遊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しもんゆうかん【四門遊観】

〘仏〙 釈迦が太子であったとき、王城の四門から外出し、東門で老人に、南門で病人に、西門で死人に、北門で沙門(=出家者)にそれぞれ出会い、老病死の苦を見て、出家の決意をしたという伝説。四門出遊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android