コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四門遊観 シモンユウカン

デジタル大辞泉の解説

しもん‐ゆうかん〔‐イウクワン〕【四門遊観】

釈迦(しゃか)が太子だったとき、王城東西南北の4門から出遊して四つの出来事を見て出家の決意をしたこと。東門を出てつえにすがる老人を見て、生あれば老あるを悟り、西門を出て病人に会い、生あれば病あるを知り、南門を出て死人に会い、生あれば死あるを知り、北門を出て高徳沙門(しゃもん)に会い、出家修行の志を立てたという。四門出遊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しもんゆうかん【四門遊観】

〘仏〙 釈迦が太子であったとき、王城の四門から外出し、東門で老人に、南門で病人に、西門で死人に、北門で沙門(=出家者)にそれぞれ出会い、老病死の苦を見て、出家の決意をしたという伝説。四門出遊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

四門遊観の関連キーワード釈迦

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android