回数乗車券(読み)かいすうじょうしゃけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回数乗車券
かいすうじょうしゃけん

乗車券の一種。運送区間と通用期間が券面上に特定されていて,ひと綴りとなっているもの(鉄道の場合)と,単に金額が券面に印刷されているにすぎないもの(バスの場合)とがある。回数乗車券の法的性質について,運送債権を表章する有価証券と解するか,金銭代用証券たる性質をもった票券と解するかについて学説上争いがあるが,それは運送賃の値上げがあったときの追加運賃(差額)の支払いの有無に関係をもつ。バスの回数乗車券は,運賃改正の場合追加運賃(差額)を徴収して新回数券と引き換えることを通例としていることから,後説による処理がされているといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

回数乗車券
かいすうじょうしゃけん

乗車券のうち、有効期間内の複数回数の乗車が可能なもの。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の回数乗車券の言及

【乗車券】より

…例えば,普通乗車券,定期乗車券などのように乗車形態による分類,あるいは個人用,団体用など旅客数による分類等である。日本国有鉄道の基本運送約款である旅客営業規則では,(1)普通乗車券,(2)定期乗車券,(3)回数乗車券,(4)団体乗車券,(5)貸切乗車券の5種があったが,私鉄等においてもほぼ同様の種類となっている。上記のほか,JRでは特別急行券,普通急行券,特別車両券(グリーン券),寝台券等数多くの乗車券類が発売されているが,これらはそれぞれ客車の設備の利用等に対する付加料金収受の証票で,乗車券とは性格が異なる。…

※「回数乗車券」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

回数乗車券の関連情報