コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因み チナミ

2件 の用語解説(因みの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちなみ【因み】

《動詞「ちなむ」の連用形から》
関係があること。ゆかり。因縁。
「籍もあちらへ送った事ゆえ、余(おれ)にはさっぱり―はない」〈逍遥当世書生気質
約束、特に結婚の約束をすること。婚約。ちぎり。
「是よりして後、脇に若衆の―は思ひもよらず」〈浮・五人女・五〉
親しく交わること。また、その交わり。
「田舎へ通ふ商人と親類にて、互ひに―せられしに」〈都鄙問答・四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちなみ【因み】

〔動詞「ちなむ(因)」の連用形から〕
関係。縁。つながり。因縁。 「悪の基もといとその-を何とふせぐべきぞ/どちりなきりしたん」
堅いちぎりを結ぶこと。縁を結ぶこと。ちぎり。 「先づは-の盃せん/浄瑠璃・布引滝」
つき合うこと。親しくすること。 「田舎へ通ふ商人と親類にて互に-せられしに/都鄙問答」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

因みの関連キーワード敢へなむ打ちかぶしこずみ止しダブり交い崩えこき削ぎ

因みの関連情報