コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団体生命保険 だんたいせいめいほけんgroup life insurance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

団体生命保険
だんたいせいめいほけん
group life insurance

団体保険 group insuranceや集団保険 collective insuranceともいう。会社や学校などの団体に所属する複数の従業員とその扶養家族を対象にし,これらを1個の保険契約すなわち1枚の総括保険証券で一括して契約する生命保険。各被保険者 (従業員など) につき個人的診査を省略し,多人数の集団 (団体) を選択の単位とし,個人を選択の対象としない,つまり団体をもって危険単位とする。その団体に入ると被保険者となるが,団体から脱退すると被保険者ではなくなる。保険料は一般に事業主が全額負担するか,相当部分を負担する場合が多く,割安である。この事業主の保険料負担を通じて,従業員の福利厚生の充実,労使関係の円滑化がはかられる。企業保険としての生命保険の代表的なもので,日本では1年ごとに保険契約を更新し,被保険者の死亡または特定の傷害の場合に限って保険金が給付される団体定期保険が最も標準的であり,普及している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の団体生命保険の言及

【団体保険】より

…団体保険とは,会社,官公庁,協同組合など多人数の集団を対象にして,一括して契約する生命保険(団体生命保険group life insurance)である。 個人保険と比較して団体保険の特色は,(1)加入時に個々の被保険者について原則として医師による診査は行われないことにある。…

※「団体生命保険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

団体生命保険の関連キーワード消費者信用団体生命保険による債権回収心身障害者扶養者生命保険日本団体生命保険[株]短期保険・長期保険アクサ・グループアクサ生命保険個人生命保険普通生命保険無診査保険膳 桂之助医療保険膳桂之助団体保険

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

団体生命保険の関連情報