団地造林(読み)だんちぞうりん

百科事典マイペディア 「団地造林」の意味・わかりやすい解説

団地造林【だんちぞうりん】

1967年度から林野庁が実施した民有薪炭林(しんたんりん)の集団的な計画植林。プロパンガス灯油普及で荒廃した薪炭林のうち林野率(地域合計の林野比)70%以上,自然林1000ha以上の市町村から都道府県知事が指定,許可後3年以内に1団地20ha以上を造林,植林経費の70%を国・都道府県補助

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android