団扇を上げる(読み)ウチワヲアゲル

精選版 日本国語大辞典の解説

うちわ【団扇】 を 上(あ)げる

① 戦陣で、軍配団扇を前上方にさし出して、部下や味方の軍勢に指図する。指揮する。
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)五「軍兵卒(そっ)し是へ是へと団(ウチワ)を上れば」
② 相撲の行司が勝った方を軍配団扇で指し、勝者の判定を下す。軍配を揚げる。
※咄本・軽口御前男(1703)一「行司団(ウチワ)をあげ『難波におゐてこんにゃく屋』と名乗ければ」
③ (転じて) 競争者を第三者が判定して、勝者を指摘する。勝ちと見なす。軍配を揚げる。
雑俳・三種尺(1793)初「負て居る女房へ団上る母」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android