コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍配団扇 グンバイウチワ

デジタル大辞泉の解説

ぐんばい‐うちわ〔‐うちは〕【軍配団扇】

相撲の行司が、両力士の立ち合いや勝負の判定を指示するのに用いるうちわ形の道具。軍配
中世末から近世、武将などが用いた指揮用の具。鉄・皮・木などでうちわ形に作り、日・月・二十八宿などを描き、全体に黒漆を塗る。陣扇。軍配。
紋所の名。2を図案化したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐんばいうちわ【軍配団扇】

昔、大将が軍の配置・進退の指揮をするのに使った武具。鉄・皮・木などで、団扇形につくり、黒か朱の漆を塗って日月・九曜星・七曜星などを描き、鉄や木の柄をすげ、柄に緒を通した。軍配。
相撲で行司が使う道具。形がに似る。立ち合いの呼吸をはかったり、勝敗の判定を下す際に用いる。「天下泰平国家安全」「一味清風」などの文句が書かれている。軍配。
家紋の一。を図案化したもの。唐団扇。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の軍配団扇の言及

【軍配】より

…軍配団扇(ぐんばいうちわ)の略。戦国時代以来自軍に対する武将の指揮用具。…

※「軍配団扇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

軍配団扇の関連キーワードグンバイヒルガオ軍配を上げる団扇を上げる木村庄之助式守伊之助軍配酸漿タイセイ五月人形岩井善助雲洞庵影武者唐団扇持ち扇九曜星七曜星紋所近世進退麾扇武具

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍配団扇の関連情報