コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団菊左 ダンキクサ

大辞林 第三版の解説

だんぎくさ【団菊左】

明治期を代表する歌舞伎俳優九世市川団十郎・五世尾上菊五郎・初世市川左団次のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の団菊左の言及

【市川左団次】より

…子供芝居で初舞台,13歳で4世市川小団次の門に入り小米(こよね),升若を経て,1864年(元治1)小団次の養子となって左団次を名のり江戸の各座に出勤。66年(慶応2)養父没後一時廃業していたが,作者河竹黙阿弥の後援で復帰,70年(明治3)黙阿弥の書きおろし《慶安太平記》の丸橋忠弥の好演で人気役者の仲間入りをし,93年明治座を新築,座元・座頭として活躍,9世市川団十郎,5世尾上菊五郎ら名優と〈団菊左〉と並び称された。容姿とせりふに恵まれ,堅実な芸風で明治史劇に本領を発揮した。…

※「団菊左」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

団菊左の関連キーワード市村 羽左衛門(15代目)尾上 菊五郎(5代目)市川 団十郎(9代目)尾上菊五郎(5代)市川団十郎(9代)尾上菊五郎(五世)守田勘弥(12代)市川左団次(1世)市川左団次(初代)市川団十郎(9世)尾上菊五郎(5世)市川寿美蔵(5代)市川左団次二世中村歌右衛門中村宗十郎市川団蔵新派

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android