コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団鬼六 だん おにろく

2件 の用語解説(団鬼六の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

団鬼六 だん-おにろく

1931-2011 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和6年9月1日生まれ。中学の英語教師,バー経営,シナリオライターなど,転職をかさねる。昭和37年ごろ「奇譚クラブ」に投稿した小説を契機に,SM小説の人気作家となった。おもな作品に「花と蛇」「夕顔夫人」,エッセイに「鬼六将棋三昧」など。平成23年5月6日死去。79歳。滋賀県出身。関西学院大卒。本名は黒岩幸彦。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

団鬼六【だんおにろく】

小説家。滋賀県生れ。本名黒岩幸彦。関西学院大学法学部卒業。1957年に自身と父親の相場師をモデルとして描いた《親子丼》で作家活動を開始。その後,バーを経営したり,教師をしたりしたが,1963年から雑誌《奇譚クラブ》で《花と蛇》の連載を開始し,官能小説の第一人者となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

団鬼六の関連キーワード荒木浩池田温稲上正上横手雅敬栗原蘆水桜井英樹塩野宏須田寛築島裕増井禎夫

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

団鬼六の関連情報