親子丼(読み)オヤコドンブリ

  • おやこどん

デジタル大辞泉の解説

《鶏肉と鶏卵で親子の意》どんぶり飯の上に、味付けして煮た鶏肉とタマネギ・シイタケなどとを鶏卵でとじてのせたもの。明治の中ごろに始まったとされる。おやこどん。→他人丼(たにんどんぶり)
母親とその娘の両方に、肉体交渉を持つこと。また、一人の女性に、父と息子の両方が肉体交渉を持つこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

親子は鶏肉と鶏卵をいう 鶏肉をタマネギ・シイタケなどとともに煮て鶏卵でとじ、丼に盛った飯にのせた料理。おやこ。
母親とその娘との両方と肉体関係をもつこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 鶏肉、ネギ、シイタケなどを煮て鶏卵でとじ、どんぶりに盛った飯にかけたもの。鶏肉と鶏卵を使うので親子という。親子飯(おやこめし)。おやこどん。〔簡易料理(1895)〕
※仰臥漫録(1901‐02)〈正岡子規〉一「晩 親子丼(飯の上に鶏肉と卵と海苔とをかけたり)」
② 親子が一人の異性と通ずること。一人の男性が、ある女性とその母親の両方と通ずること。芋田楽(いもでんがく)
※ダイヴィング(1934)〈舟橋聖一〉三「この人は〈略〉、平気で親子丼をやるんだから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の親子丼の言及

【丼】より

…やがて飯の上にウナギの蒲焼をのせて,たれをかける〈うなぎ丼〉などが考案されると,簡便,美味なその方式が庶民の愛好するところとなり,《江戸名所図会》巻一〈中橋〉の図中に見られるごとく,〈丼物〉なる語を生むにいたった。現在ひろく見られる丼物には,〈うなぎ丼〉略して〈うなどん〉,てんぷら丼の〈天どん〉のほか,とんカツを使う〈かつどん〉,鶏肉,タマネギ,ミツバなどを卵とじにしてのせる〈親子丼〉,鶏肉のかわりに牛肉を使う〈開化丼〉,牛肉の煮込みをかける〈牛どん〉,マグロの刺身をすし飯にのせる〈鉄火丼〉,かまぼこ,シイタケなどをとり合わせる〈木の葉丼〉など種類はいろいろである。【鈴木 晋一】【松本 仲子】。…

※「親子丼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

親子丼の関連情報