図引器械(読み)ずひききかい

  • ずひききかい ヅひき‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 建築設計などの図面をかくのに用いる器具。製図板、定規(じょうぎ)、コンパス、烏口など。
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「書籍、備忘録、筆墨、図引器械等が此間の道具のやうに秩然(ちゃん)と据置になった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android