コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定票 こていひょう

3件 の用語解説(固定票の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

固定票
こていひょう

選挙の際に,継続してある候補者に投票する特定の有権者層の票のこと。一般に,固定票をもっていることを「地盤がある」ともいう。伝統的な地域社会における地縁・血縁によって,または後援会組織,地元の団体 (青年団,商店会,同業者組合) 組織,もしくは労働組合宗教団体などの特定の政党や候補者の後援をする組織が,票をまとめて特定の候補者に継続して投じる場合に固定票が存在するとみなされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こていひょう【固定票】

選挙のたびに、ほぼ決まって特定の党または候補者に投じられる推計可能な支持票。 ↔ 浮動票

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

固定票の関連情報