コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国俊 クニトシ

朝日日本歴史人物事典の解説

国俊

生年:生没年不詳
鎌倉中期の京都の刀工来派の事実上の祖国行の子と伝え,年紀作に「国俊 弘安元(1278)年十二月日」銘の太刀がある。直刃の刃文を得意とする派のなかで,備前一文字派にみられるような華やかな丁字乱れを焼き,太刀姿も豪壮なものが多い。来派には「国俊」と2字に銘をきるものと,「来国俊」と3字にきるものとがいて,前者を2字国俊と呼んで区別している。しかし,来国俊の最古の年紀作に正応3(1290)年銘の太刀があり,両者は同人で国俊2字銘を前期の作とする説もある。<参考文献>加島進「山城国来派の系譜とその作風について」(『MUSEUM』307号),同「年紀ある山城国来派について」(『MUSEUM』346号)

(原田一敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

くにとし【国俊】

1241~1315) 鎌倉後期、山城の刀工。本名、来孫太郎。来国行の子。源を称する。来派の代表的刀工で、古今の名人と称された。二字銘の国俊と、来孫太郎国俊は別人とする説も古くからある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国俊の関連キーワード二荒山神社(栃木県日光市)愛知県名古屋市熱田区神宮日光二荒山神社宝物館熱田神宮宝物館友重(初代)国行(1)最上川舟唄国光(3)国次(1)国俊(1)新薄雪物語多治見国長国俊(2)蛍丸国俊甘露寺家愛染国俊来国行日本刀堀直政錏引き

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国俊の関連情報