コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国債引受けシンジケート こくさいひきうけシンジケート

1件 の用語解説(国債引受けシンジケートの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

国債引受けシンジケート【こくさいひきうけシンジケート】

国債公募発行の際,その募集を取り扱い,応募額が発行予定総額に満たない場合にはその差額を自らが消化するために結成された金融機関証券会社の団体。日本では1910年に15銀行で初めて結成された。
→関連項目シンジケート引受けシンジケート団

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

国債引受けシンジケートの関連キーワード公募債国債費荷扱い車扱い登録国債取扱いボンド扱いTB(Treasury Bills)短期国債(TB:Treasury Bills)公募価格

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone