コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国分松嶼 こくぶん しょうしょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国分松嶼 こくぶん-しょうしょ

1804-1899 江戸後期-明治時代の漢学者。
文化元年生まれ。陸奥(むつ)岩沼(宮城県)の人。佐藤一斎に約30年師事。帰郷後は仙台藩養賢堂指南役。天保(てんぽう)年中甘藷(かんしょ)栽培を民間にすすめる。郡奉行,小姓頭などを歴任。維新後は私塾をひらき,宮城県会議員などもつとめた。明治32年6月14日死去。96歳。名は豊章。字は子達。通称は平蔵のち平。別号に鶴村。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

国分松嶼の関連キーワード明治時代漢学者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android