祭酒(読み)サイシュ

大辞林 第三版の解説

さいしゅ【祭酒】

古代中国で、宴会のとき席上の尊者がまず酒を供えて地の神をまつること。
漢代以後の中国で、学政をつかさどる長官。博士祭酒。国子祭酒。
大学頭だいがくのかみの唐名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐しゅ【祭酒】

〘名〙
① 古く、中国で、宴会の席上、身分の尊い人が酒をそなえて地の神をまつること。また、その儀式、その尊長者。
② 神に酒を供えて祈ること。〔王維‐送楊長史赴果州詩〕
③ (①より転じて) 古く、中国で、学政の長官。〔漢書‐伍被伝〕
④ 大学(だいがく)の頭(かみ)の唐名。
※凌雲集(814)「和菅祭酒秋夜途中聞笙之什 藤原冬嗣」

まつり‐ざけ【祭酒】

〘名〙 祭礼に用いる酒。神前に供え、供宴の時に人々にふるまう酒。
※雲形本狂言・伯母が酒(室町末‐近世初)「当年から祭酒(マツリザケ)を皆こなたでとらうと申ます」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の祭酒の言及

【国子監】より

…また南京,北京それぞれに国子監が置かれ,古来の国子学と異なり,庶民の入学も認められた。国子監は礼部に属し,その長は古来の制を受けて祭酒とよばれ,司業,博士等の職員が置かれた。清は明制をついだが,南京国子監を廃したほか,礼部から独立させ,祭酒の上に特任の管理監事大臣を置いて事実上の長官とした。…

※「祭酒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祭酒の関連情報