コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祭酒(読み)サイシュ

大辞林 第三版の解説

さいしゅ【祭酒】

古代中国で、宴会のとき席上の尊者がまず酒を供えて地の神をまつること。
漢代以後の中国で、学政をつかさどる長官。博士祭酒。国子祭酒。
大学頭だいがくのかみの唐名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の祭酒の言及

【国子監】より

…また南京,北京それぞれに国子監が置かれ,古来の国子学と異なり,庶民の入学も認められた。国子監は礼部に属し,その長は古来の制を受けて祭酒とよばれ,司業,博士等の職員が置かれた。清は明制をついだが,南京国子監を廃したほか,礼部から独立させ,祭酒の上に特任の管理監事大臣を置いて事実上の長官とした。…

※「祭酒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祭酒の関連情報