コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

震旦 しんたん Zhen-dan; Chên-tan

5件 の用語解説(震旦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

震旦
しんたん
Zhen-dan; Chên-tan

振旦,真丹とも書く。中国の古称。古代インド人が中国を秦の土地 (チーナスターナ) と呼んだことに基づく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんたん【震旦/振旦/真旦】

《古くは「しんだん」とも》古代中国の異称。古代インド人が、中国をチーナ‐スターナ(梵Cīnasthānaの土地の意)と呼んだのに由来する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

震旦【しんたん】

中国の異称。支那の称と同系統。古代インド人が中国をチーナスターナ(シナの土地)と呼んだのに由来する。振旦,真丹などとも書く。
→関連項目今昔物語集私聚百因縁集注好選

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんたん【震旦 Zhèn dàn】

古代インドで中国をさした語の漢字表現。〈しんだん〉とも読む。秦の名が音変化してインドに伝わり,〈秦国の土地〉の意でサンスクリット語チーナスターナCīnasthānaとなり,それが仏典翻訳の際中国に逆輸入され漢訳されたもの。振旦,真丹,支那などすべて同じ音の転字だが,震は東方を旦は坦(地)をさすのでこの字が多く使われたという。日本では正倉院文書から見え,天竺(てんじく)と対になってよく用いられた。【杉山 正明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんたん【震旦】

〔「しんだん」とも。秦帝国の土地の意の梵語 cīna-sthāna から〕
中国のこと。 「コウライ、テンヂク、-マデモ/天草本平家 4

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

震旦の関連キーワード由旬倭奴国火事代用漢字唐土日の入る国印哲カセイ東インド古代インドネシア美術

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

震旦の関連情報