コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

震旦 しんたんZhen-dan; Chên-tan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

震旦
しんたん
Zhen-dan; Chên-tan

振旦,真丹とも書く。中国の古称。古代インド人が中国を秦の土地 (チーナスターナ) と呼んだことに基づく。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しんたん【震旦/振旦/真旦】

《古くは「しんだん」とも》古代中国異称。古代インド人が、中国をチーナ‐スターナ(梵Cīnasthāna、の土地の意)と呼んだのに由来する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

震旦【しんたん】

中国の異称。支那の称と同系統。古代インド人が中国をチーナスターナ(シナの土地)と呼んだのに由来する。振旦,真丹などとも書く。
→関連項目今昔物語集私聚百因縁集注好選

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんたん【震旦 Zhèn dàn】

古代インドで中国をさした語の漢字表現。〈しんだん〉とも読む。秦の名が音変化してインドに伝わり,〈秦国の土地〉の意でサンスクリット語チーナスターナCīnasthānaとなり,それが仏典翻訳の際中国に逆輸入され漢訳されたもの。振旦,真丹,支那などすべて同じ音の転字だが,震は東方を旦は坦(地)をさすのでこの字が多く使われたという。日本では正倉院文書から見え,天竺(てんじく)と対になってよく用いられた。【杉山 正明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんたん【震旦】

〔「しんだん」とも。秦帝国の土地の意の梵語 cīna-sthāna から〕
中国のこと。 「コウライ、テンヂク、-マデモ/天草本平家 4

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

震旦の関連キーワード馬良(中国の教育家、政治家)『宇治拾遺物語』三国仏法伝通縁起『今昔物語集』土橋 八千太根葉花実論是害房絵詞復旦大学邵力子戴望舒震旦系和学泰山遼遠馬良

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android