コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国島筈斎 くにしま かっさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国島筈斎 くにしま-かっさい

1769-1826 江戸時代後期の儒者。
明和6年生まれ。国島俊蔵の養父。小田享叔(こうしゅく)にまなび,長門(ながと)(山口県)府中藩儒官の国島滄浪(そうろう)の跡をつぐ。藩校敬業館の学生監督をつとめ,11代藩主毛利元義に講義し,藩校の教授となった。文政9年10月9日死去。58歳。本姓は山沢。名は宏。通称は伝右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

国島筈斎の関連キーワードハウフヘルダーバーラクザイ朝ハウフオールドタウンクレメンス13世クレメンス14世ナポレオン[1世]桂川甫周黒点

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone