コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国嵬宗珍 こくがい そうちん

1件 の用語解説(国嵬宗珍の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国嵬宗珍 こくがい-そうちん

?-1632 江戸時代前期の僧。
曹洞(そうとう)宗。対馬(つしま)(長崎県)の人。長門(ながと)(山口県)大寧寺の嶺室禅鷲(りょうしつ-ぜんじゅ)に師事。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼったのち,大寧寺の住持となる。後水尾(ごみずのお)天皇に教えをとき,本照禅一禅師の号をさずけられた。寛永9年4月27日死去。俗姓は林。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

国嵬宗珍の関連キーワード万霊光誉天方通直一峰麟曹順専乗阿卓玄嫡宗田承忠尊必夢妙庵