コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国嵬宗珍 こくがい そうちん

1件 の用語解説(国嵬宗珍の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国嵬宗珍 こくがい-そうちん

?-1632 江戸時代前期の僧。
曹洞(そうとう)宗。対馬(つしま)(長崎県)の人。長門(ながと)(山口県)大寧寺の嶺室禅鷲(りょうしつ-ぜんじゅ)に師事。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼったのち,大寧寺の住持となる。後水尾(ごみずのお)天皇に教えをとき,本照禅一禅師の号をさずけられた。寛永9年4月27日死去。俗姓は林。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

国嵬宗珍の関連キーワードグスタフ甲良宗広町田宗加甲良宗広グスタフ小田原藩ビターリ(父子)細川幽斎(1534~1610)薄雪物語円空

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone