コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国教分離指令 こっきょうぶんりしれい

世界大百科事典 第2版の解説

こっきょうぶんりしれい【国教分離指令】

1945年12月15日にGHQが日本政府にあてた覚書〈国家神道,神社神道ニ対スル政府ノ保証,支援,保全,監督並ニ弘布ノ廃止ニ関スル件〉の通称。〈神道指令〉ともいう。明治維新以降,神社神道は天皇崇拝の政治的イデオロギーに改変させられ,国家の祭祀・国民道徳として,国家と密接な結びつきを持っていた(国家神道)。国家神道はすべての国民にその崇拝が義務づけられ,諸宗教の信仰の自由を奪っただけでなく,民本主義思想の発展を阻害し,また排外的な国家主義,軍国主義思想の理論的核心ともなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の国教分離指令の言及

【国家神道】より

…神社崇拝がどの程度まで国民に強制されるかは,時代状況によって異なっていたが,1930年代初頭から太平洋戦争にかけての時期には,神社は戦争遂行の精神的支柱としてとりわけ重んじられ,たとえばキリスト教の教会やキリスト教系の学校などに対しても,伊勢神宮の大麻の奉祀が強制されたりした。 1945年12月15日,連合国総司令部は,いわゆる神道指令(国教分離指令)によって,神社に対する特別の保護の停止,神道施設の公的機関からの撤去などを指示し,国家と神道との完全な分離を命じた。翌年の元日には天皇の〈人間宣言〉がなされ,つづいて神道関係法令が廃止されて,国家神道は完全に解体した。…

※「国教分離指令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国教分離指令の関連キーワード原子爆弾投下対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)内閣総理大臣ディープ・パープルドイツ問題ホロウェイリーン石川第2次世界大戦

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android