国東半島県立自然公園(読み)くにさきはんとうけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大分県北東部,国東半島の中央部および基部の山地と,周辺の海岸部から成る自然公園。面積 155.9km2。 1951年指定。半島中央部の両子山周辺は瀬戸内海国立公園に属するが,県立公園はそれを取巻く山地の大部分と半島基部の西叡山,田原山一帯を含み,安山岩の浸食景観を示す。富貴寺本堂 (国宝) ,真木大堂,熊野磨崖仏国東塔など,仏教文化の貴重な遺跡が多い。一方,海岸地域は北部の長崎鼻を中心とする海食崖,海食洞の多い沈降海岸と,黒津崎・行者原の段丘,羽田・奈多の浜堤,住吉浜の砂嘴など,南東部の隆起海岸から成り,海水浴場,キャンプ場などとしてにぎわう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android