コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富貴寺 ふきじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富貴寺
ふきじ

大分県豊後高田市にある天台宗の寺。もとは阿弥陀寺といい,養老2 (718) 年仁聞法師の創建と伝えられる。国宝の大堂は蕗 (ふき) の大堂ともいい,藤原時代末期に建造された当時の阿弥陀堂の典型的な例で,三間四面宝形造。阿弥陀三尊を安置し,その後壁に浄土変が描かれ,なげし上の板壁にも仏,菩薩の壁画がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

富貴寺【ふきじ】

大分県豊後(ぶんご)高田市蕗(ふき)にある天台宗の寺で,旧称は阿弥陀寺。718年仁聞(にんもん)の開基と伝える。国宝の大堂は阿弥陀堂建築の西限を示す平安後期の遺構で,蕗の大堂と呼ばれる。
→関連項目阿弥陀堂国東半島豊後高田[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

富貴寺

大分県豊後高田市にある寺院。718年創建。宗派は天台宗、本尊阿弥陀如来。平安末期に建立された富貴寺大堂は国宝に指定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふきじ【富貴寺】

大分県豊後高田市にある天台宗の寺。山号は蓮花山。古くは阿弥陀寺と呼ばれ,718年(養老2)仁聞(にんもん)の開基と伝える。大堂(おおどう)(阿弥陀堂,国宝)のみが現存。国東六郷満山(くにさきろくごうまんざん)本山本寺の西叡山高山寺(現在廃寺)の末寺として,また宇佐八幡宮大宮司宇佐氏歴代の祈願所として,所領寄進などの外護(げご)も受けたが,しだいに衰退に向かい,盛時にあった東ノ坊,中ノ坊,谷ノ坊,妙蔵坊,大門坊,南ノ坊も江戸時代中期ころにはすでに南ノ坊を残すのみとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふきでら【富貴寺】

大分県豊後高田市蕗ふきにある天台宗の寺。718年仁聞の開基と伝える。大堂は九州最古の建築遺構で、藤原時代の阿弥陀堂建築として重要。旧名、阿弥陀寺。ふっきじ。

ふっきじ【富貴寺】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富貴寺
ふきじ

大分県豊後高田(ぶんごたかだ)市蕗浦(ふきうら)にある天台宗の寺。山号は蓮華山(れんげさん)。旧称は蕗阿弥陀(ふきあみだ)寺。「蕗の大堂(だいどう)」ともよばれる。寺伝によれば718年(養老2)仁聞(にんもん)の開基という。大堂は三間・四間の単層、屋根は宝形(ほうぎょう)造・行基葺(ぎょうきぶ)きの九州最古の木造建築物で、平等院鳳凰(ほうおう)堂、中尊寺金色(こんじき)堂と並ぶ貴重な阿弥陀堂として国宝に指定されている。堂内には阿弥陀浄土図などの壁画が描かれており、本尊阿弥陀如来坐像(にょらいざぞう)とともに国の重要文化財である。堂の周囲には板碑(いたび)、笠塔婆(かさとうば)(いずれも県文化財)をはじめ、国東(くにさき)半島に特有の国東塔など、貴重な石造物が多い。境内は国指定史跡。[中山清田]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の富貴寺の言及

【阿弥陀堂】より

…中尊寺の金色堂は阿弥陀堂を工芸的に装飾して墓堂に使用した例である。大分県豊後高田市の富貴寺(ふきじ)大堂(12世紀末)は正面を3間,奥行きを4間とし,中心より後方に仏壇をおき,周囲行道と仏壇前の儀式の両方が可能な平面をつくっている。一方,九体阿弥陀堂は藤原道長建立の法成(ほうじよう)寺(1020)が古い例で,京都を中心に各地に建てられた。…

※「富貴寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

富貴寺の関連キーワード奈良県磯城郡川西町保田国東半島県立自然公園川西(町)(奈良県)奈良県磯城郡川西町大分県豊後高田市豊後高田(市)川西町六方衆旧名柱絵

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富貴寺の関連情報