コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国義 くによし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国義 くによし

1646-1698 江戸時代前期の刀工。
正保(しょうほ)3年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡の信国吉助の子(一説に信国吉政の次男とも)。江戸に出,盛岡藩主南部重信(なんぶ-しげのぶ)のお抱え刀鍛冶(かじ)となり,天和(てんな)元年盛岡に移住した。銘は「源国義」など。2代義国,3代義正とつづき,明治維新まで8代をかぞえる。元禄(げんろく)11年11月1日死去。53歳。姓は新藤。通称は治(次)郎兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

国義の関連キーワードリッジウェー マシューワットフアラムポーン小曽根 喜一郎マクドナルド小曾根喜一郎リッジウェーオーウェル忌部鳥麻呂鈴木 鼓村多治見国長山下 松琴飯田事件高井国義朝鮮戦争王洪文安房国正保中立刀工

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国義の関連情報