国義(読み)くによし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国義 くによし

1646-1698 江戸時代前期の刀工。
正保(しょうほ)3年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡の信国吉助の子(一説に信国吉政の次男とも)。江戸に出,盛岡藩主南部重信(なんぶ-しげのぶ)のお抱え刀鍛冶(かじ)となり,天和(てんな)元年盛岡に移住した。銘は「源国義」など。2代義国,3代義正とつづき,明治維新まで8代をかぞえる。元禄(げんろく)11年11月1日死去。53歳。姓は新藤。通称は治(次)郎兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国義の関連情報