国見温泉(読み)くにみおんせん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩手県西部、岩手郡雫石町(しずくいしちょう)にある温泉。十和田八幡平(とわだはちまんたい)国立公園域の駒ヶ岳(こまがたけ)(1637メートル)南西麓(ろく)の標高880メートルにあり、駒ヶ岳登山への基地となっている。泉質は硫黄泉。古くからリウマチ、神経痛に効く温泉として知られた。

[川本忠平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android