国詰(読み)くにづめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国詰
くにづめ

江戸時代,大名家臣国元に在勤すること。参勤交代制によって,大名は江戸に1年,国元に1年といった割合で住居を替える義務があり,家臣の一部も主君に従って交代で国元と江戸に勤務した。後者を江戸詰という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android