国詰(読み)くにづめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国詰
くにづめ

江戸時代,大名家臣国元に在勤すること。参勤交代制によって,大名は江戸に1年,国元に1年といった割合で住居を替える義務があり,家臣の一部も主君に従って交代で国元と江戸に勤務した。後者を江戸詰という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くに‐づめ【国詰】

〘名〙 江戸時代、大名およびその家臣が、国もとに詰めること。参勤交代の制度により、大名は国もとと江戸とに隔年ごとに在勤する義務を負い、それに伴い家臣も国もとと江戸に詰めるものに分かれた。在国。⇔江戸詰
※浄瑠璃・夏祭浪花鑑(1745)二「お国詰(ツメ)の諸役人へ御土産を下さるる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android