コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国語科教育 こくごかきょういく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国語科教育
こくごかきょういく

学校で行われる国語教育。 1900年の小学校令改正により,従前の読書,作文習字の3学科を統一して,初めて国語科が設けられ,読み方,綴り方書き方を小分科とした。 41年の国民学校令では国民科国語と改められ,新たに話し方を加えて4分科とされた。現在は国語科として,聞くこと,話すこと,読むこと,書くことの4分科を含み,具体的な目標や内容などは学習指導要領に示されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

国語科教育の関連キーワードローマ字教育山口喜一郎作文教育文学教育言語教育

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国語科教育の関連情報