国連オブザーバー(読み)こくれんオブザーバー(英語表記)United Nations observer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国連オブザーバー
こくれんオブザーバー
United Nations observer

国連に正式に加盟していない国が国連の会議などに参加すること。現在,バチカン市国,スイスなどの国のほか政府間機構などが,国連と関係を持つことや多数の加盟国に承認されていることからオブザーバーを常駐させている。また,安保理などに参考人として非加盟国の代表が招集される場合もある。オブザーバーの地位に関しては 1975年の「普遍的国際機構との関係における国家代表に関する条約」によって,法的に定められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

国連オブザーバー

正式の加盟国ではないものの、国連の機関の討議に投票権なしで参加したり、決議案の作成にかかわったりすることが認められる地位のこと。国連の場合、国家ではバチカン市国がオブザーバーの常駐を認められているほか、欧州審議会などの政府間国際機構、赤十字国際委員会などの非政府間国際機構、及びパレスチナ(パレスチナ解放機構=PLOの本件における呼称)など、合わせて61団体が、総会活動へのオブザーバー参加ができる。

(最上敏樹 国際基督教大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android