コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際周波数登録委員会 こくさいしゅうはすうとうろくいいんかい International Frequency Registration Board

2件 の用語解説(国際周波数登録委員会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際周波数登録委員会
こくさいしゅうはすうとうろくいいんかい
International Frequency Registration Board

略称 IFRB国際電気通信連合 ITUの常設機関の一つ。国際的な行政委員会として周波数の国際管理を行う。委員会は5人の委員から成り,ITUの全権委員会議で選挙される。 1994年7月発効の ITU憲章により廃止が決定されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいしゅうはすうとうろくいいんかい【国際周波数登録委員会 International Frequency Registration Board】

国際電気通信連合の常設機関の一つ。略称IFRB。1947年設立。ジュネーブに置かれている。各国が無線通信に使用する周波数の間での有害な混信を避けること,また,これらの利用の改善を図ることを任務としている。このため,各国から通告された周波数割当て,または静止衛星に割り当てられた位置について,これらが他に支障を与えないかどうかについて審査し,支障のない場合には,国際的承認を与えるためにこれを記録する。また,できるかぎり多数の無線通信の運用が可能となるようにするために,加盟各国に意見を提出するなどを行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国際周波数登録委員会の関連キーワードITUINTELSATCCITT国際電気通信連合ワークICTランキングIFRBWARC国際通信国際電気通信連合憲章・条約

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone