コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際婚姻 こくさいこんいん

1件 の用語解説(国際婚姻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際婚姻
こくさいこんいん

国籍や挙行地などの点で渉外的要素のある婚姻。婚姻に関する法律は,文化,宗教などの違いにより,国によって異なっている。たとえば日本では協議離婚が認められるが,比較法的にはこれは例外であり,多くの国では裁判による離婚のみを認めている。またイタリアのように離婚の前提として5年間の法定別居判決の取得を要件とする国や,フィリピンのように離婚を禁止している国もある。そのため,国際的婚姻については,いずれの国の法律を適用するか,どの国で裁判ができるか,外国で取得した判決の効力はどうかなどが問題となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone