コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国頭正弥 くにがみ せいや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国頭正弥 くにがみ-せいや

1591-1635 琉球の官僚。
尚寧王3年生まれ。馬氏国頭按司(あじ)家6代。国頭間切(まぎり)総地頭。1614-16年(慶長19-元和(げんな)2)国質として薩摩(さつま)鹿児島藩に滞在する。その間大坂夏の陣がおこり,藩主島津家久の許しをえて従軍したが,大坂到着前に戦いは終結した。尚豊王15年8月1日死去。45歳。唐名は馬瑞彩。通称は左馬頭(さまのかみ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

国頭正弥の関連キーワード日本のおもな城リシュリュー(Armand Jean du Plessis de Richelieu)九戸政実グレンビルインノケンチウス9世太閤検地伊達政宗本願寺身分統制令安土桃山時代(年表)