コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国頭正秀 くにがみ せいしゅう

1件 の用語解説(国頭正秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国頭正秀 くにがみ-せいしゅう

?-1871 琉球の官吏。
馬氏国頭按司(あじ)家。1846年フランス艦3隻が琉球の那覇(なは)に入港して開港をせまったとき,総理官代理としてセシーユ提督と会見し,退去させる。薩摩(さつま)鹿児島藩主島津斉興(なりおき)からその功を賞されて王子に昇格した。尚泰王24年死去。名は克仁。唐名は馬克仁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

国頭正秀の関連キーワード源氏国名舜天王琉球の風沖縄県国頭郡国頭村奥間阿麻和利浦添朝忠国頭正則国頭正弥蔡世昌琉球の旅

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone